職場の“生産性革命”と“働き方改革”を実現する

生産性を高める見える化・数値化コース

受講期間:2ヵ月 受講料:12,960円

講座の概要と特徴

◎生産性の向上なくして成長なし――職場と一人ひとりの仕事を生産性の観点からどう「見える化」「数値化」するかを具体化します。

◎生産性の低い職場は「数値化」ができていません。「数値化」で透明性の高め,付加価値の高い仕事への集中の仕方を学びます。

◎一人ひとりの働きぶりを客観的にとらえ,これからの“働き方”の方向性をとらえます。

教材写真

テキスト:1冊 提出課題:2回

1.職場の「生産性」を
  見える化し,数値化する

・生産性の国際比較――日本の実態を見る
・「生産性」の概念を正しく理解する
・付加価値労働生産性とは何か
・「生産性」をどう見える化,数値化するか
・能率をあげる――インプットをどう減らすか
・効率をよくする――アウトプットをどう増やすか
・合理化する――インプットを減らし,アウトプットを増やす
・投資をする――それ以上のアウトプットを生み出す
・生産性を数値化する――製造業の場合,販売業の場合
・給料の源泉である「付加価値」をどう生み出す

 

2.「生産性」を高める
  仕組みづくりと仕事の仕方

・生産性の低い職場の問題点
・目的・目標を共有し,一体感を生み出す
・適切な計画で進捗状況を見える化
・役割を分担し,責任の所在を明らかにする
・葛藤(対立)を実践へのパワーに変える
・「やり直し」をどう減らすか
・意識のずれをどうやって調整するか
・仕事の属人化をどう打破するか
・会議(打ち合わせ)の生産性をどう高めるか
・“働き方改革”をどう実現するか



 

一般社団法人日本監督士協会

実務マネジメント